pwmcパラレルワーク・マスターコースのご紹介

東京都中小企業診断士協会中央支部認定マスターコース、pwmcパラレルワーク・マスターコースです。pwmc(ピーダブリューエムシー)と呼んでください。

私たちは2021年コロナ禍まっただ中に開講した新新型コロナウイルス感染症新型コロナウイルス感染症が蔓延した影響で、支援を求める事業者様が急増しています。国からの補助金は史上最高金額を更新しました。しかし、支援者が不足しています。

コロナでリモートが当たり前になり、大企業を中心にリモートワークによる通勤時間、出張、接待がなくなり、自宅で時間が増えました。企業内診断士は大企業勤務の方が多く、勤務前後の隙間時間を使った支援ができないかと考える方も増えています。

pwmcでは、支援実務の機械が少ない企業内診断士に自分だけのオリジナルビジネス「マイビジネス」を検討し、実践するために必要な知識を身に付けられる独自のカリキュラムを「前期コース」として作りました。また、フルリモートで実施できる補助金申請支援を「後期コース」として創設。前期と後期は独立して受講することが可能としました。

「後期コース」は必要な知識を履修した後に、希望すれば補助金申請支援の案件に、相談から実績報告まで

すぐに独立は考えていないが、中小企業支援の機会を得たい

リモートで対応できるコンサルティング手法をいち早く確立した補助金活用支援会(HKS)と連携して、履修生に実務の機会を提供し、基本知識のインプット講義、自分だけのオリジナルビジネス「マイビジネス」の検討プログラムを独立して履修できるカリキュラムを作成しました。

人口が減少する中、働き手が不足する中小企業には企業内診断士のような有能な人材が必ず役に立ちます。ただし、中小企業の実態を知らなかったり、支援の基本を学んでいない場合は「ありがた迷惑」にもなりかねません。試験に合格しただけで何も経験が無い方でも前期コースから受講していただければ、必要な基礎知識が身につきます。

お申込みは下記から可能です。受講説明会に参加してから決めたいという方は、毎年3月末から5月頃まで説明会を実施しています。

TOP